犬と飼い主の信頼関係の築き方

新しい犬を迎えたばかりの頃は、飼い主との間にはまだ信頼関係はありません。信頼関係は、普通に接していれば築けるというものではないので、工夫して築く必要があります。

犬は基本的に、群れで行動し、リーダーに従う性質を持っています。信頼関係を築くには、飼い主と犬との主従関係がはっきりしていることが大切です。

では、どうやって犬と飼い主の信頼関係を築いていけばいいのでしょうか。まず、1つ目に大切なことは、犬に安心させてあげることです。犬に、優しく接して安心感を与え、飼い主はいい人と思わせます。飼い始めた犬は、不安でいっぱいなので、ささいなことでも褒めて安心させてあげましょう。飼い主が、手からフードを渡すことを繰り返すと、犬は飼い主の手がいいものと学習するので、スキンシップがとりやすくなります。

2つ目に大切なことは、犬を守ってあげることです。ストレスや危険から犬を守ってあげると、信頼関係がアップします。犬がゆっくりリラックスできるスペースを作ってあげるのがおすすめです。

また、知らない人や犬に慣れさせるなどの社会的しつけを行うこともポイントです。色んなことにふれさせることによって、犬は日常生活の中でストレスを感じにくくなります。

3つ目に大切なことは、犬を喜ばせてあげることです。飼い主からおいしいものを与えられると、犬は喜びます。例えば「おすわり」ができた時や、トイレができたときにごほうびとして、おやつをあげてみましょう。
愛犬は嬉しい気持ちになり、飼い主に対する信頼度があがります。おやつも犬用サプリなどを与えると良いでしょう。最近ではストレスを緩和するサプリメントも売っています。わんかーむは犬のストレスを和らげる天然成分が配合されているのでお勧めです。わんかーむは口コミも好評価なのでとてもお勧めです。ただし、おやつを与え過ぎると、肥満になったり、欲しくて要求吠えなどにつながってしまったりするので、むやみに与えないようにしましょう。

4つ目に大切なことは、犬を楽しませてあげることです。犬は遊ぶことが大好きなので、一緒に遊んであげると飼い主と一緒にいると楽しいと思うようになります。ロープの引っ張りっこや、ボール投げなどで遊んであげたりすると、信頼関係がアップします。

以上のようなことに取り組んで、犬と飼い主の信頼関係をしっかり築いて、すてきな愛犬との生活を送ってください。