未来が見える人の言葉は大切にしよう

うちのじいちゃんの話なんだけどしてもいいかな。
ここでいい話なのかはわからんけれど本当の話なので多少フェイク入れるかもしれないが良かったら聞いてください。
うちの父方のおじいちゃんなんだが私が小5の時に死んだんだ。
私たちは父の転勤で北海道にいたんだがじいちゃんがどうしても遊びに来いって言ってるとかでじいちゃんのいる大阪に行ったんだ。
じいちゃんは まだ普通にピンピンしてたんだけどね。
それで遊びに行ったんだけどたくさんあってたわけじゃないけど行けばかわいがってくれたことは覚えてる。
でその時部屋でじいちゃんと2人になった時があったんだ。
じいちゃんは私にまるまるじいちゃんはなたぶん来年死ぬいや今はピンピンしとるから何言うてるんやと思うかもしれんががんで死ぬ。とはいえ、キトー君 口コミ レビューはかなり重要な口コミの内容になっていて、いや今から色々やってももう間に合わんからんやけどそんでなじいちゃん小さい時未来が見えたんやそれが未来のことやって気づいたんがお前よりはもう少し押さなかったけどなんで相当分かってからは皆にいろいろは助言したんやしたり汚したりせんようになせやけど急に俺の言うたことが外れるようになってきたんや。
みんな俺のことを嘘つきで前はたまたまやったんやって言うようになってな凄く悔しかったし嫌やったけど俺の母ちゃんがお前は嘘つきやないみんなのことをほんまに助けてたんやで母ちゃんは分かっとるからなと言うてくれたんや。