最近の電子工作はモジュールが便利!

電子工作と言えば、秋葉原で部品を買ってきて、
ブレッドボードや蛇の目基板上で組み立てる。。
というのが定番だったけれど、今はだいぶ様子が変わってきているらしい。
まあ、ピン数の多いQFPやSOPは、そのまま蛇の目基板に挿せないし、
パスコンなども大量に必要とするから、手配線ですべてやるのは厳しいんだよね。。
だからといって、すべてを外注化してしまったら電子工作の意味がないわけで、
そんなユーザーの為に、ICをある程度基板上に集積して、ユーザーが簡単に使えるように工夫してくれている
電子モジュール屋さんが存在する。
外国製のモジュールを大量に売っているストロベリーリナックスや、
国産のモジュールを中心に置いている秋月やマルツ。
それ以外にも、甥理事鳴るのモジュール部品を置いている、安曇野さんとかが面白い。
安曇野電子ネットショップ
CPLDのモジュールで安価なのは、ここぐらいしか知らない。
他はめっちゃ高くて、とても手が出ないんだよね。。