審査も最短30分など簡潔に済ませることが可能

プロパー融資の厳しさは、審査機関を見てもわかるでしょう。通常の場合で1~2ヶ月は普通に待たされます。実は銀行にも他の融資手段の一つとして、ビジネスローンがあります。

こちらは知る人ぞ知るローンかもしれませんが、プロパー融資とはどのように違うのでしょうか。事業主のみなさんには釈迦に説法となりますが、審査の甘い・厳しいを見る判断材料は、やはり金利を見ることです。

金利が高ければ「審査甘い」、金利が低ければ「審査厳しい」という図式です。まさに金融界における万物の法則です。日本には「CIC」、「JICC」、「全国銀行協会(JBA)」の3つの信用情報機関があります。

クレジット会社やローン会社、消費者金融、銀行などはこれらのいずれかあるいは複数に加盟しているケースがほとんどです。消費者金融と一言でいいましても、大手消費者金融もあれば中堅の消費者金融もあります。審査通りやすい ビジネスローン

したがって、利用者の選択肢は非常に幅広いといえます。しかし多くの方から見れば、「大手消費者金融よりも中堅消費者金融のほうが、審査に通りやすいのでは?」という疑問を持つ場合もあるでしょう。

しかしいずれの融資であっても、金融機関はリスクを背負うことになります。カードローンを申し込む際には、利用希望額を自分で決めて申請します。利用希望額を高く設定すると、審査も厳しくなります。

まずは審査を通過する目的で低めの利用希望額で申請しましょう。返済実績を重ねていくことで、後の利用限度額増額の可能性も高まります。

審査にあたっては、会社の隅々まで見られます。大きく分けて次の2つになるでしょう。