仕事で責任を負いたくない!そんな人におすすめの仕事

「仕事で責任を負いたくない!」
このように考える人も少なからずいます。

いかに楽に、責任なく仕事ができるか。
先に残念なお知らせですが、責任が全くない仕事は存在しません。

会社に属した労働者に与えられた仕事では大なり小なり責任が問われます。

では、完全に責任を負わなくてもよい仕事はないのでしょうか?
結論は自ら事業を立ち上げて仕事を行う「起業家」や「フリーランス」がこれに該当します。

つまり、売上も会社成長も事業の継続も己次第ということ。
これなら責任は問われません、なぜならすべてが自己責任だから。

とはいえ、このような回答を求めていたわけではないかと思います。
「会社に属す労働者でありつつ責任を負わなくてもよい仕事」、これが求めている問いですね。

問いに対する答え、「責任のない仕事」とはつまり「裁量権のない仕事」です。

責任の所在(裁量)がいったいどこにあるのか?ということ。
業務を行う本人なのか、それとも仕事を支持する管理職にあるのか。

裁量権のない仕事には事務職や工員などが挙げられます。
様々な労働環境のなかで自分自身に適した仕事を探し出すのが非常に重要です。

しかし、向いてる仕事が見つからない場合は転職エージェントなどの支援サービスを有効活用するのがおすすめです。