あらゆる角度から情報を取り入れるために

多角的な視野から情報を得ることができ、コミュニケーションスキルが1つ増えるからです。

活気的なビジネスアイデアや斬新な発想をするためには、当たり前だと思われている考え方や昔からある伝統などの既存の価値観を壊して考える必要があると考えます。

その際、あらゆる角度から情報を取り入れることは斬新なアイデアを生むヒントになります。たとえば、他国の文化や考え方は、日本にとっては新しい価値観になる場合があります。他国の言語を学べば、日本固有の考え方に縛られずに広い視野と考え方を持った人材が育ちます。グローバルにも対応できる人が増えることで、日本が活性化して行くと思うので、幼児期の早い段階から英語に慣れていき、コミュニケーションスキルの1つとして身に付けた方がいいと考えます。
メリットは2つです。1つ目は他国の行動や最新のテクノロジーに関する情報に触れることができる。2つ目は、日本だけに留まらず、グローバルに活躍できる人材になれる。英語ができるだけで得られる情報量が増え、考え方の幅が広がります。

デメリットは日本国内に居る限り、英語に接する機会が少ないので実践的な力を身に付けるのに工夫が必要になります。読み書きは、ある程度のレベルなら本や動画を利用して勉強できますが、会話できるレベルになるためには実践して身に付けるしかありません。話すスピードも早かったり、発音にクセがある場合もあります。身近に海外の人が居て話す機会がない場合は、塾などを利用する必要も出てきます。するとお金も掛かるので、生活の一部が塾代で圧迫されることがあります。
セブンプラスバイリンガル 何歳から